4月, 2013年

太陽光発電所を建設中!②

2013-04-22

当社で太陽光発電所を建設しております。

 

もちろんお客様の請負工事も致しますが、今回は自社の所有物になります!!

 

P1010712

 

現在ほぼ完成状態ですが、まだこれから電気工事、フェンス工事、通信工事などやることはたくさんです。

来月もすぐ別の発電所建設に取り掛かるのでもたもたはしれいられません。

 

P1010630

新潟県初上陸のソーラーワールドパネルがまぶしいです!!

P1010705

架台はコストと耐久性を考えてアルミ製のスクリュー基礎工法にしてあります。

見た目も非常にしっかりしていて頼もしいです。

P1010722

ずらりとならんだソーラーパネルは圧巻ですね^^

 

P1010708

だんだん発電所らしくなってきました。

完成は今月末です。

今回は月岡地域の非常電源も作成して寄付することにしています。

 

完成したらまたご報告させて頂きますね!

 

 

 

中国の太陽光パネル工場見学に行ってきました。②

2013-04-19

今回の旅

P1010205

ホテルを出て工場に向かいます。

P1010066

中国のある町です。

これより先の情報は、相手があることなので具体的地名、社名、人名は全て伏せます。

撮影の許可は頂いていますが、相手の特定や名誉棄損につながる恐れがあるので工場の外観も伏せます。

・・・

という事で早速工場内部に潜入しました。

P1010078 P1010084

やってますね。 これは、パネルの中のセルと言われる半導体です。

これが集まって一枚のパネル(モジュール)ができます。

しかし、まずおもったのが人がたくさんいるということ。

みんな手作業で作っているようです。

P1010082

はんだ付けですね。

一枚一枚手作業でした。

P1010081

少々粗いような^^;

P1010088

これからつながったセルが電気的につながっているか確認するようですね。

もちろん機械もつかっていますが、どの工程にも人がたくさんいました。

P1010101

検査前のガラスにセルを張り付けた状態です。

 

P1010090

製品のEL試験です。

これは製造過程で問題のあった写真の例が映っています。

黒い部分は電気がうまく流れなかった部分をあらわしています。

さすがにこれくらいのチェックはしてダメなものは製品化はしないそうです。

P1010102

これはモジュールの枠にコーキング材を塗布しているところです。

やはり、人間が手作業でおこなっていますね。

 

P1010099

形が出来上がったパネルに電気の接続ケーブルBOXを付けていました。

P1010104

やはり手作業ですね。

作業場所が狭いですが^^;

P1010100

これはなんでしょうか?

置いてあったのですが、失敗例?かどうかわかりませんでした。

P1010113

パネルの端です。

日本製品にはあまり見られない光景です。

P1010105

できあがったものを積み重ねていますね。

梱包は間に緩衝材の段ボールをはさめております。

これで最終的に出荷されていくのですね。

 

このモジュール工場で作成されているモジュールには、ある日本企業のロゴマークが入って出荷していました。

また、日本で流通している大手メーカーもこちらの製品をOEMとして使っているとのことでした。

 

もちろん全ての中国企業が同じ工程と言うわけではありません。

 

今回中国に行って非常に勉強になった中国文化です。

中国のことわざに「金に勝る信用は無し!」と言う格言があるそうです。

ビジネスをしてる人なら「そういう見方もある」と思う部分はあります。

しかし、日本人なら大半が「え?それはない」となってしまう違いですよね。

品質よりも売買利益を優先して考えてしまう風土が中国にはありました。

もちろん、全てではないのです。優良な企業はしっかり品質の隅々にまで神経を働かせてます。

ここで言えることは中国からくる製品に関してはしっかり生産状況や原材料などをしっかり吟味していかないと日本では使えないなと言うことです。

 

まずは疑いの目で見て行かないと間違いを起こす可能性が高いという事でした。

 

今度は夏にドイツに行ってきます。

世界最高品質と呼ばれるソーラーワールド社の工場見学ですが一体どんなものが見られるでしょうか。

撮影の許可は出てませんが皆さんにもできるだけお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

中国の太陽光パネル工場見学に行ってきました。①

2013-04-19

この冬、弊社吉岡が中国に渡り太陽光発電に使われるパネル(モジュール)の製造工場を視察にいってきました。

その様子をお伝えしたいと思います。

私が吉岡です。

P1010029

新潟空港内です。息子に見送ってもらいました。

P1010034

フライトは5時間程度。

目的地は中国上海で空港は浦東(プートン)空港です。

一番安かった中国の航空機に乗っかって出発しました。

P1010036

浦東空港の内部です。この空港の大きさに驚きました。

成田より全然大きいと思います。

滑走路は四方に地平線が見えるほどでした!

P1010041

これは、空港からでて移動中のお外の写真です。

夕方ってのもありますけど、なんか霧が立ち込めていますよね?

これ、噂の大気汚染の現状でした。

風向きにもよるようですが、日中もほぼ毎日こんな状況らしいです。(北京はもっとひどいそうです)

P1010043

ホテルについてゆっくりしました。

値段のわりにいいホテルでした。上海虹橋迎賓(ホテル)

P1010046

部屋の窓からの景色。

カッコいいですけど、夜中も車の音でうるさかったです。

しかもやっぱり霧がかかっていますね。

P1010052

夕飯はラーメンでした。

一番安いラーメン30円くらいでした。

全然おいしくないです。日本のラーメンとは全然違います。

という事で、工場見学の前置きが長くなったので今回はここまで。

次回のブログでいよいよ工場に潜入します。

中国製品の品質が問題視されている太陽光発電業界ですが、その実態にせまります。

お楽しみに。

 

 

 

社屋の太陽光工事を行いました!

2013-04-17

本日、当社の会社屋上にソーラーパネルを設置しました。

使用したパネルは当然ソーラーワールドです。(solar world ドイツ)

まだ内部の電気工事は出来てないですが、その屋根の設置状況です。

当社社屋はもう築24年と古くなっていますので、お見苦しい点はご了承ください。。

 

P1010648

まず、荷揚げ用機材を組上げます。

本当は、ここから数枚ずつ丁寧に荷揚げするのですが以前に説明したので・・・・

 

P1010649

もう屋根に荷揚げした写真を用意しました(笑)

 

これだけ重ねて総重量は630kg!!

屋根はそんな重みでやられるほど柔ではありません。

新潟の雪なんてそんな心配することないのです。

 

P1010651

 

架台を設置した状態です。

均等に荷重が掛かるように設計・計算しました。

P1010725

このパネル1枚で21kgあります。

重さに負けてパネルをキズつけないように、毛布でくるんで丁寧に運搬します。

パネルの端っこだけ踏んでも良い強度になっているので、足場も大変です。

 

P1010724P1010726

しっかり固定します。(弊社スタッフ 黒ヘル=齋藤 ・ 白ヘル=保科)

太陽光工事に熟練した当社のスタッフは開脚が得意です(笑)

 

P1010730

いよいよ最後の1枚です!

P1010727

ボルト締めて完成!

 

P1010734

夕暮れには間に合いました!

4月中旬でもまだまだ屋根の上は寒かったです。

世界一のパネルにまたがった男は、やっぱり世界一でしょう!

 

弊社は品質世界一のソーラーパネル ソーラーワールドの特約店です。

新潟でソーラーワールドを扱えるのは当社だけですが、今後は日本中のコアな太陽光ファンで流行りそうです。

 

当社の応接室に展示してありますので、ご興味のあるかたはいつでものぞいて行ってくださいね!

P1010731Solar-World

 

 

 

 

太陽光発電所建設中!

2013-04-15

本日は天気が回復し、気持ちのいい晴天に恵まれました!

NNCでは自社発電所建設を行っています。

もちろんお客様の発電所建設も工事させて頂いておりますが、今回は自社で特別仕様の発電所を創ろう!と言う挑戦です。

P1010632

今日の工程は太陽光パネルの設置です。

まずはトラックから現場に届いたパネルを荷卸しします!

P1010615

これだけの規模になると荷受けにも人手がかかりますが、どんどん荷卸しが進みます。

 

ちなみに今回用意したパネルは「SOLAR WORLD」と言うメーカーのパネルになります。

この発電所のメイン仕様はこのパネルにあります!

なんと世界一の製品品質を誇るドイツのメーカーです。

Solar-World

このメーカーの凄いところの一つはパネル1枚1枚がシリアル番号で品質管理されておりさらに・・・

セルと呼ばれるパネルの中にある小さな発電材料部分(四角く分かれているところ)までシリアルで品質管理されているのです。

P1010611

これはパネル1枚ごとのシリアルですね。

ざんねんながら細かいところは見た目ではお伝えできないです^^;

P1010623

そしてさっそく取付開始です。

アルミ架台にパネルを乗せ1枚1枚丁寧に固定していきます。

P1010626

裏側はこんな感じです。

 

P1010630

この度使用のパネルはソーラーワールド社のSW245Polyと言う、多結晶245wのパネルになります。

住宅用とは違う産業用と言うジャンルの大きなパネルです。

重量も1枚20kg以上あります。

P1010629

これが置いた状態。

ピカピカで、空がうつってますね。

このパネルの凄いところ2つ目は表面のガラスにもあります。

このガラスは通常の太陽光ガラス3mmより1mmさらに厚い4mmのガラスです。

だから耐荷重も日本のメーカーの2倍以上の設計であります。

しかも、ドイツ高級車アウディ(AUDI)のフロントガラスなどと同じ種類のガラスになります。

だからこんなにピカピカ輝いちゃっているのです。

 

最後にこの発電所の名称が決まりました。

 

「月岡ソーラーワールド」です!

 

ちょっと(だいぶ)過大表現過ぎですね^^;

 

でもソーラーワールド(solar world)の名前をみんなに覚えて欲しいなあ。

と言う気持ちの表れです。

すみません。

 

それと名前で場所が分かりますね!

場所は月岡ホテル泉慶様の直ぐ近くです。

是非月岡温泉においでの際は弊社発電所もご覧になってください^^

 

太陽光発電工事(東区S様邸の様子)

2013-04-14

こんにちは、NNCの吉岡です。

今回は今年の頭に行った太陽光発電の工事の状況です。(システム容量6kw)

P1070584

S様ご夫婦で最後に記念撮影してくれました。

太陽光のシステムも弊社のことも大変気に入って頂いています。ありがとうございます。

 

こちらの工事もまた、結構大変でした。

なんと、屋根3面に太陽光パネルを取り付けしたのです。

その時の様子です。

P1070389

お客様の家の瓦を一枚一枚大切に剥いで、下地になる合板を打っていきます。

 

P1070430

剥いだ瓦に支持用のアルミ瓦を入れ絶対強度負けしないシステムを作ります。

P1070428

架台が仕上がるとこんな状態です。

これで絶対雨漏りなんてさせません。

P1070580

P1070583

P1070579

とパネルが乗ればカッコいいでしょう!

P1070534

↑パワーコンディショナー(変換機)がついて

 

DSCN0615

家の電気使用量を計測するシステム(HEMS)もセットになります。

 

太陽光発電は私たちの現在最も主力で扱っている商品です。

ここだけの話ですが、私たちは大型の太陽光発電所をつくっているのでそれにともない現在仕入れ金額を大幅に下げることに成功しています。

 

もし、現在他社で検討されている太陽光発電システムで金額が高いと感じているかたがいらっしゃる様でしたら、ぜひ一声かけてください。

きっとご満足いく価格と工事品質でお答え致します!

 

主な太陽光発電取扱いメーカー

・三菱電機

・東芝

・パナソニック

・カナディアンソーラー

・ソーラーフロンティア

・ソーラーワールド

です。

 

 

 

 

オール電化の工事(2・エコキュート取り付け編)

2013-04-14

こんにちは、前回オール電化の基礎編を書いたのですが、肝心の機器の取り付けを書くのを忘れてました。

まだ、ガス給湯器がありますね   ↓これです。

P1060992

 

このガス給湯機を撤去してから始めます。

 

P1070188

この昔の配管をそのままつなげるだけだったり見てくれが非常に悪い配管をする業者も中にはいるのです。

私たちはガス給湯器を撤去した後は、地中に埋まっている水道などの配管をできるだけ見た目がキレイに仕上がるように地中を掘って配管を作り直します。

 

P1070196

これが配管を作りなおした時の写真。

壁側に生えていた余計な配管は無くなりました。

 

P1070199

最後は配管をつなぎ直してスッキリ完成です。

完成と言っても他にも電気工事やアンカー工事、凍結防止工事、積雪対策工事、試運転、IHクッキングヒーターの取り替え工事などまだまだいろいろ行っているのですよ^^;

今後また細かく紹介できればと思います。

 

 

P1070198

新潟は積雪でヒートポンプが動かなくなってしまうので、積雪対策は必須ですね!

積雪対策や水道凍結なんてお構いなしの業者さんには注意しましょう。

 

P1070191

もちろんお風呂場のリモコンだって新しくなりますよ。

 

P1070200

完成しました。

このように様々なことに気を使っているのが分かっていただければ幸いです。

当社はオール電化の施工に関しては「ていねいで非の打ちどころが無い工事」を目指しております。

 

オール電化はお客様の生活に与える影響は大きいですので、基本情報からしっかり相談をさせて頂きながら商品の選定、機種の選定などと行います。

オール電化工事は2012年だけで約50件も行わせて頂きました。

自信をもっておすすめサービスです。

 

※このページを最後まで読んでいただいた方だけにどこにも負けないオール電化の特別格安プランのご案内です。

オール電化基本工事セット 450,000円(税込)  ※以下の3つを含みます

・東芝エコキュート(360Lオートタイプ、スタンダードモデル)

・パナソニックIHクッキングヒーター 3つ口プレートスタンダードタイプ

・基本工事費

 

お問い合わせください!

 

 

 

 

 

ログハウスに太陽光発電

2013-04-14

IMAG1133

今回は、こんな急な屋根のログハウスに太陽光発電を付けた例を紹介します。

2012年6月に工事させていただいた新潟市西蒲区のK様宅です。

この屋根の角度は45度という急こう配。

人が屋根で作業できる角度ではありませんでした。

そこで我々は足場を組んで工事に取り掛かることにしました。

P1060280

これがその時の写真です。

普段でも足場は使うこともあるのですが、このときは特別に屋根足場というものを太陽光用に考えたものと、電気工事用の安全対策方法をミックスしてアレンジしました。

その時の様子です。

 

P1060286

P1060285

P1060302

完全にサーカスの様な状態です。

足場用の鉄パイプを軸に腰銅綱を上から張って作業を行いました。

 

実際この45度の角度は人間にとってみれば壁と同じです。

35度くらいでやっと人が立てるくらいの角度ですが、実際にそんな角度でもずっと立っていたら足の裏の皮が全部はがれてしまいます。

というのは、知り合いの瓦屋さんから聞いた話ですが、そのくらい屋根の仕事というのは過酷な部分があります。

命の危険も常に隣り合わせですしね。

 

太陽光発電の工事でお客様に一番迷惑なのは事故を起こすことです。

 

気持ち良くご依頼されたお客様宅で人が大けがをした・・・  亡くなった・・・

 

なんてことになったら、その家に気持ちよく住めなくなってしまいますよね。

 

私たちはそんな風にならない様にお客様のために、もちろん働く作業員のためにも、安全への意識、心配りは忘れずに作業させていただきます。

 

ちなみに完成の図

P1060303

DSCN0386

でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

桜のシーズン

2013-04-14

こんにちは、サイト管理者吉岡です。

今年もいよいよ新潟市に桜の季節がやってきましたね。

昨日は日差しに恵まれ比較的暖かい土曜日になり、同時に桜の花も8部程度開いてきました。

お花見を楽しめるのは来週いっぱいといったところでしょうか?

今回はそんな浮かれた気分で仕事の話題はやめにしましょう。

 

先日TVの番組で日本の3大桜名所を紹介していましたが、そのうち一つが新潟から比較的近い長野県にありました。(と言っても近くないですけど)

写真 2013-04-03 0 15 32

どうですかこの写真。

インターネットから引っ張りました。

高遠城祉公園と言うところです。

ここではこんな幻想的な夜桜が楽しめるらしいです。

ここの桜は一般的な「ソメイヨシノ」ではなく「タカトオコヒガンザクラ」というピンクが鮮明なご当地品種で通称「天下第一の桜」だそうです。

こんな桜を見ながらお酒を頂けたら・・・

 

現地情報によると現在満開だそうです。

http://takato-inacity.jp/h25/

 

とにもかくにも是非行ってみたいですね!

(私が行ってみたかっただけと言う落ちです^^;)

 

 

 

 

 

アパートの太陽光発電

2013-04-12

今回は、アパートに太陽光発電を弊社でつけた事例を紹介します。

アパートオーナー様は非常に広い屋根を持っていることになりますので太陽光発電でのメリットがたくさん得られるチャンスを持っていることになります。

 

P1010575

これは、弊社管理物件のアパートです。

奥に三菱5.5kwシステム

手前にソーラーフロンティア4.56kwシステム

合わせて10.1kwシステムです。

この物件は毎年高利潤を出しております。

年間約60万近い売電収入が得られるモデルケースです。

ある補助金システムを使用すると関連工事含めて1/3の補助金がでます。

初期投資額もわずか4,5年程度でペイできる凄いシステムです。

毎月の収支が大変楽しみだとアパートオーナー様は大変喜ばれています。

これが施工中の写真です。

P1070588

奥側で作業中です。(もう夕暮れですね)

写真 2013-01-30 16 17 49

完成したソーラーフロンティアのシステム

写真 2013-01-30 16 14 47

ついでに階段のサッシ屋根も施工しました。

弊社はっきり言って「なんでも屋です」。

 

 

« Older Entries
Copyright© 2012 - 2017 千代田エネルギー co.LTD. All Rights Reserved.