給湯器工事/オール電化

オール電化/給湯器工事
近年の災害事情やエネルギー供給の問題について、家電や電気の在り方を改めて考える機会が増えてまいりました。皆様はオール電化がどういった工事であるのか、きちんと把握はしておりますか?

ここでは、オール電化の導入を考えていらっしゃるあなた、またこの機会にオール電化にご興味がわいたあなたへ。まずはオール電化とは何か・何がメリットなのか、「知る」ことから始めましょう!

只今おすすめのオール電化設備のセット販売です

三菱 エコキュート

オール電化とは?

オール電化とは家庭で使用するあらゆるエネルギーをすべて電気で補うこと、です。
オール電化とうまく付き合っていくコツは、自分の生活リズムとメリット・デメリットを知ること
オール電化と一言にいっても、電気代をより安くするために部分的にオール電化する方と、
文字通りオール電化する方と、お客様のエネルギー事情に合わせた様々な導入方法がございます。
また、多くの方はオール電化と太陽光発電を同時に施工されます。

メリット1 エネルギーを一本化することで基本料金を削減!

オール電化で料金を一本化!一般家庭で使用されているエネルギーは基本的に「電気」「ガス」+「灯油」等です。一般家庭で最も使用するエネルギーは給湯によるガス代です。お風呂・シャワーのお湯はすべてガスで沸かしています。
これをオール電化の導入をし、ガス給湯器を電気給湯器に、ガスコンロをIHクッキングヒーターに、灯油ストーブを電気ストーブ・電気床暖房(またはエアコン等)に変えることで、ガス料金という区分けをしなくてよくなり、基本料金がなくなるのでその分総合的にお支払を安くできます。

メリット2 ガス漏れがしないことで安全なキッチンへ

お掃除がびっくりするほど簡単です。子供一人でお留守番をさせたり料理をさせたりするのが心配、というあなたにはIHクッキングヒーターがおすすめです。
加熱する時間・温度をスイッチで調節できるほか、火を使わないので直接の引火・ガス漏れの心配はありません(ガスコンロほどの頻度ではないですが、使用方法を誤れば火災の可能性はあります)。また、フラットガラス構造のため、汚れたり焦げ付いたりした場合は濡れ布巾でサッと拭くだけ、従来のような掃除の煩わしさが一切なくなります。新築・リフォームの際は導入を考えてみてはいかがでしょう?

メリット3 湯沸かし器を使用する時間により給湯による電気代を大幅カット!

オール電化で料金を一本化!オール電化住宅は、電気を使用する時間帯によって料金にかなりの差が出ます。電気は24時間作られ続けますが、基本的に貯めておく(蓄電)ことはできません。しかし多くの家庭で電気を使用しない夜中は、利用者が少ない=電気が余っているので電気料金がグンと安く(最大3分の1以下!)なります。
オール電化の電気給湯器は、電気が余っている夜中に一気に給湯し、貯水タンク(飲用には適しません)にためておけるので、電気代を安くできます。仕事のリズムで家事をするのが夜遅い人、家族がまとまって同じリズムで生活するご家庭に特におすすめのシステムなのです!

メリット4 太陽光発電を同時に導入することで昼間の電気代も大幅カット!

昼間の高い電気代も大幅に削減!オール電化の導入のみでは大きく電気代を削減することは実は難しいのです。この先5年・10年ずっと同じ生活リズムが続く保証はないからです。そこで、今後5年・10年…100年先も変わらないエネルギーを利用した太陽光発電の同時導入をおすすめします。オール電化住宅の欠点は昼間の電気代が高いことですが、太陽光発電は逆に昼間が最も発電効率がよく、昼間の電力はほとんど賄えるほか、過剰発電分はなんと電気会社が買い取りますので、未導入の家庭より平均で7割ほど電気代を削減できます!(各ご家庭により削減率は異なります。)


デメリット1 導入費用

オール電化住宅の良さ・便利さを知って、じゃあ導入しましょう!となったとき、どうしても初期費用の導入には少々料金がかかってしまいます。新築の際の導入はさほど難しくないのですが、リフォームの際は、今まで使用していたガスの取り止めを考えなくてはなりません。
ただ、現在はエコリフォームには各自治体で「エコポイント制度」があり、太陽光発電・オール電化等のエコリフォームを行う際、市役所などの窓口で行う手続きにより補助金申請を受けられます。

デメリット2 生活リズムによってはかえって高くつくことも

オール電化を導入すると、深夜の電気料金がグッと抑えられるのは上記で説明したとおりですが、逆に言えば昼間はとても割高であるということ。お子様のいらっしゃるご家庭では、夏休み家族が家で過ごす時間は増えるため夏場は電気料金が抑えられなかった、とのご報告もあります。ご自分のご家庭の生活リズムや滞在時間、家事を行う時間帯等、あらゆる要素から考察しオール電化・または半オール電化を導入することが重要です。

デメリット3 大量に湯を沸かす際、足りなくなることも

エコキュート(電気給湯器)の自動運転は、導入後生活者のリズムと使用電力を自動的に記憶し、この時間帯はこのくらい湯があるとすべて賄える、と自動的に算出します。
したがって、急激に冷え込んで温水床暖房が必要になる場合や、急な来客でいつもとは違う時間帯で風呂を沸かさなければならなくなったなど、予想外の給湯が行われるタンク内の湯が足りなくなるため、お湯の出が悪くなることもあります。普段から大量に給湯器を使う家庭でない限りは、急な大量給湯には注意が必要です。


家電のプロ・千代田エネルギーにお任せ!

とってもおトク!千代田エネルギーのオール電化導入

日立IHクッキングヒーター
+三菱エコキュート セット
TOTO ピュアレストQR  
日立IHクッキングヒーター+三菱エコキュート セット
標準工事費込み498,000円
問い合わせる
TOTO ピュアレストQR
標準工事費込み100,000円~
問い合わせる
 

お問い合わせください!

Copyright© 2012 - 2017 千代田エネルギー co.LTD. All Rights Reserved.