犬フィラリア症ってどんな病気?治療や予防方法は?

 

フィラリア症は犬にとって非常に怖い病気です。
犬を飼われている方、これから飼われるという方はフィラリアについて良く知っておいて欲しいです。

犬フィラリア症とは

犬フィラリア症とは、フィラリア(犬糸状虫)という体長16~30センチほどの細長い寄生虫が感染して起きる病気です。
肺動脈や心臓に寄生するため血流を妨げ、血管や心臓に負担がかかり、様々な症状が現れます。

ただし、フィラリアは犬の体内で増えることは出来ません。
体内のフィラリアの数が少ない場合は軽傷で済むことが多く、寄生した数が多い程重篤な症状が出るリスクが高まります。

犬フィラリア症の症状

  • 咳が出やすくなる
  • 元気がなくなる
  • 腹水が溜まる
  • むくみ
  • 血尿
  • 呼吸困難
  • 肺動脈塞栓

フィラリアが寄生するのは血管内に異物が入り込むということであり、フィラリアの活動範囲で血管内が段々と傷つけられていきます。
肺動脈や心臓に住み着くことが多く、肺へ血液が送られにくくなったり、心臓の動きが妨げられ、咳が出るようになったり疲れやすくなって元気がなくってきます。
悪化してくるとむくみ・腹水・血尿・呼吸困難・肺動脈塞栓などの症状も現れます。

一方で、元気だった愛犬が急にぐったりして、血尿・呼吸困難などの症状を出し死亡してしまう急性症状(大静脈症候群)が出るケースもあります。
急性症状が出た場合はすぐに病院へ連れて行き、緊急手術を受けさせる必要があります。

フィラリアの感染経路は?

フィラリアは、蚊に刺されることで犬に感染します。

まず、フィラリアは犬の体内で大量の子供(ミクロフィラリア)を生みます。
しかし、ミクロフィラリアは犬の体内で成長できない為、血流を漂い中間宿主である蚊に吸われるのを待ちます。
蚊に吸われたミクロフィラリアは蚊の体内である程度成長し、蚊が再び犬の血を吸うタイミングでまた犬に寄生します。
そのあとは、皮膚の下~筋肉、静脈と成長しながら移動し、最終的に肺動脈で落ち着いて成虫になります。
ここでオスとメスが出会ったらミクロフィラリアを生み出し、蚊に血を吸われることでさらに感染を広げていきます。

犬フィラリア症の治療について

犬フィラリア症は発症してからでも、薬や手術によって治療することが出来ます。

しかし、薬で駆除してもフィラリアの死骸は血管内に残りますし、肺動脈や心臓から手術で取り除くとなると犬には大きな負担となり、傷ついた血管内までは完治できません。
その為これらの措置が全ての犬に行われるわけではなく、治療に耐えられないと判断された場合は対処療法が取られることがあります。

対処療法ではフィラリア自体には手を出さず、症状を緩和させることで延命を図ります。
その為、犬フィラリア症においてはまず予防する事が推奨されています。

犬フィラリア症の予防方法

フィラリア症は、薬で予防することができます。
発症してからの治療も可能ですが、手遅れになってしまう可能性もありますので毎年の予防を選ぶ方も多いです。

フィラリアの予防薬は、蚊から体内に入ったフィラリアの子供を成長してしまう前に駆除することで、フィラリア症を発症させるのを予防するお薬です。

予防薬にはいくつか種類がありますので、獣医の先生と相談しながらどのタイプにするか考えてみましょう。

フィラリア予防薬の種類

フィラリアの予防薬は大きく分けて以下の3種類となっています。

  • 内服薬
  • スポットタイプ
  • 注射

一番普及しているフィラリア予防薬が内服薬です。
他の寄生虫も一緒に駆除できるものや、錠剤が苦手な犬の為にチュアブルというおやつ感覚で食べられるものなど種類が豊富です。

スポットタイプは犬の皮膚にたらして使う薬で、内服薬を吐き出してしまう犬に使われることが多いです。
使い方が簡単でノミやダニの駆除効果があるものもありますが、お肌の弱い犬には不向きで、嫌がる犬もいます。

フィラリア予防の注射のメリットは、何といっても年に1回で済む手軽さです。
内服薬・スポットタイプは月に1回を7か月前後続けることになりますので忘れてしまうケースがありますが、注射はその心配もありません。
しかし副作用のリスクが高いと言われており、敬遠されがちです。

これからフィラリア予防を始める方は

フィラリアの予防薬は個人輸入で簡単に買えます。
その為やろうと思えば自力で開始することもできますが、まずは1度動物病院でフィラリア検査を行ってください。
何故なら、もし既にフィラリアに感染していて、なおかつ血管内にミクロフィラリアがいた場合、予防薬を使うことでミクロフィラリアが一気に駆除され死骸で血管を詰まらせることがあるからです。

面倒かもしれませんが一度検査を行い、ミクロフィラリアが居ないことを確認してから予防を始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。