犬のおしっこがいつもと違う!これって病気なの?

   2019/02/08

犬のおしっこがいつもと違う!これって病気なの?

犬も人と同じように、おしっこで病気が分かることがあります。
そして、それは普段愛犬のことを一番見ている飼い主さんだからこそ気付きやすいサインです。
今回はおしっこの変化ごとにどんな病気の可能性があるのかまとめました。

おしっこの色

おしっこの色が赤い

これはさすがに分かると思いますが、赤い色のおしっこは血尿です。
おしっこ全部が赤い場合もあれば、部分的だったり赤みを帯びるくらいの場合や、血の塊がおしっこに混ざっていたりすることもあります。
血尿が出た場合はなるべく早く病院へ連れて行きましょう。

具体的には結石、尿路の炎症、細菌・寄生虫などの感染症、食中毒などの可能性があります。

おしっこの色がいつもより濃い

おしっこの色が濃くなるのは水分をあまり取らなかった時に起こりやすいです。
ただし、いつもより濃い黄色だったりオレンジ色の場合は、バベシア症や急性肝炎の可能性もあります。

おしっこの色がいつもより薄い

おしっこの色が普段より薄くなるのは基本的に水分摂取量が増えたことが原因で、水分の多いごはんを与えた時など一時的なものであれば心配する必要はありません。
しかし、無臭の薄いおしっこが続くようであれば腎不全や糖尿病などの恐れがあります。

おしっこの色の変化に気付きやすくする為には

少しでもおしっこの色の変化に気付きやすくする為には、白いトイレシートを使うのがおすすめです。
または、愛犬がおしっこをしたら白いティッシュに含ませて確認してみるのもいいですね。

こうして普段から愛犬のおしっこの色を把握しておくことが大切です。

おしっこの量

おしっこの量が多い

おしっこの量が普段より多い場合、おしっこの色が薄いときと同じく水分摂取量が関係することがほとんどです。
その為病気の場合も同じく、腎不全や糖尿病などが疑われます。

おしっこの量が少ない

おしっこの量が普段よりも少ない場合は、尿路結石や膀胱炎、急性腎不全などの可能性があります。

特におしっこがほとんど出ない、まったく出ないといった場合は緊急性が高いです。
すぐに病院へ連れて行ってあげて下さい。

おしっこ前後の様子

おしっこの色や量だけでなく、おしっこをした前後の様子からも病気を察知することはできます。
例えば、痛がっている様子を見せたり頻尿(量の少ないおしっこを繰り返す)の場合は尿路結石の可能性が高いです。

また、食欲がなかったり嘔吐する、ぐったりしている場合はなるべく早く病院へ連れて行ってあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。