一般家庭用工事 – 太陽光発電工事 –

一般家庭用店舗・事業所用
太陽光発電工事
ソーラーパネル
太陽光は尽きる心配がなく、地球のどこにいても恩恵を授かれる素晴らしいエネルギーです。発電する時に二酸化炭素や有害物質の排出がゼロであることから、2011年の東北太平洋沖地震からも今後の展開に非常に期待が高まっているエネルギーの一つです。未来の自分のお子さんやお孫さんが使う大切な資源を残すため、自分で使うエネルギーは自分で作ってみませんか?

只今おすすめの太陽光発電システム導入セット

三菱太陽光システム
セット内容
・太陽電池パネル PV-MA2100C(20枚)
・パワーコンディショナ PN-PN40G
・接続箱 PV-CN03G
・エコガイドTV 送信ユニット PV-DR003Gr
・架台一式(スレート屋根仕様・ケーブル含)
・太陽光発電システム工事費
・その他(電力申請・連携立会・説明)
・メーカー10年保障

三菱太陽光システムセット


メリット1 クリーンエネルギーで枯渇しない。昼間停電時もOK!

太陽光はクリーンエネルギー
太陽光発電の最大のメリットは、無尽蔵でクリーンである点です。火力発電のように、発電時に二酸化炭素・硫黄酸化物・窒素酸化物などの大気汚染物質を発生させず、原子力発電のように災害や異常により周囲に危険を伴うこともありません。また、停電時でも昼間ならば発電は続くので電気設備も問題なく使うことができます

メリット2 設置場所にとらわれない。

陽の光が当たる場所ならどこでも!太陽光発電は、導入するシステムの規模に関係なく、日射量にのみ依存するため発電効率が一定です。設置場所の面積・予算に合わせ、自由に規模を決めることができるため、一般家庭から大規模施設まで、それぞれの施設に合ったシステムを設置することができます。騒音や排出物もないので、日射量さえ確保できれば設置場所を選びません。屋根や屋上などへの設置の印象が強いですが、近年ではビルの壁に設置したり、クリアタイプでガラスと一体型のものも増えています。

メリット3 メンテナンスが容易である。

メンテナンス簡単・強靭なパネル!太陽光発電システムは構造がシンプルなため、ほかの発電システムに比べメンテナンスも簡単。機材の寿命も比較的長く、現在太陽光発電に用いられる太陽電池の耐用年数は20年以上と推定されています(設置場所などの諸条件によって変わります)。もちろん、家庭で使用する他の設備と同様、業者によるメンテナンスを定期的に行うことが重要です。

メリット4 オール電化を同時に導入することで夜間の電気代も大幅カット!

昼間の高い電気代も大幅に削減!太陽光発電と同時に導入することをお勧めしたいのがオール電化です。太陽光発電は、日が当たり続ける限りは電気が作れますが、当然ながら夜になると発電をしなくなります。オール電化住宅は、昼間の電気代が高い代わりに夜の電気代が最大昼間の1/3までお安くなりますので、昼間は太陽光で電気を賄い、夜間は安い電気代で過ごす、というサイクルが可能になり、導入したご家庭のほとんどで、未導入の時より7割も電気代を削減したとのご報告も多数いただいております!(削減率は目安です。各ご家庭により異なります。)

家電のプロ・新潟西コロナサービスにお任せ!

太陽光発電を導入したご家庭からうれしい声が届きました!

お客様の事例

震災後、節電節電と叫ばれ始め、夜勤が多い我が家はなんとなく夜電気のついていることに肩身が狭い思いをしていました。原子力にも今後のことを考えると少々の不安があったので、自分で使う電気は自分で作ろうと思い立ち、太陽光発電の導入に踏み切りました、毎日出かける前にその日の発電量を確認するのが日課なり、節電時より自然と省エネを念頭に置いて電気を使うようになりました。母が毎日メーターを楽しそうに眺めています。

 


お客様の事例

リフォームと半オール電化と一緒に太陽光パネルを導入しました。屋根の面積同様広めに設置したもので費用は少々高くつきましたが、その分余った電気は買い取ってくれるので、労力もいらず少しずつ貯金をしている気分です。また、自分で作った電気なので、オーブンやエアコンを使うときに「自分の電気だ!」と少し優越感に浸れますね(笑)。

 


お客様の事例

エネルギーのシンポジウムに参加して、太陽光発電の可能性を信じ導入を決めました。というのも、子供がまだ小さいのと、子供やその子供のために何か残せるものはないかと考えたからでした。導入後、大きく変わったのは電気の在り方に対する価値観です。お金を払えば電気を買えるのが今まで当然だと思っていたのが、いつかなくなるんだという遠い不安に変わり、よりエネルギーに感謝するようになりました。最近は子供が発電量のパネルを興味深く覗くようになりました。胸を張って説明します。

実際どうなの?新潟県の太陽光発電事情

新潟県で太陽光発電を導入する場合、日照時間という観点から積雪や天候の問題に左右してしまうというのもあると思います。実質47都道府県中、新潟の年間日照時間はワースト3位に入る短さ。これは積雪によるパネルの非効率化が原因に挙げられます。実際に山間部など、積雪により屋根に雪が積もる期間が長い地域には、パネルの維持費と日照時間の関係であまりお勧めできません。
太陽光発電の施工にかかったお金が買電により全て戻ってくるには大体平均10年といわれています。逆に言えばこれ以上長くかかるようならば、おすすめはできません。

当社は、お客様の「やってよかった!」を何より大切にしております。施工しなければよかったなあ…となってしまわないよう、当社はお客様にご納得していただくことを第一に、お見積り・ご相談をきちんと綿密にとること・不透明な施工が行われないようにすることを心掛けています。ご安心してお問い合わせください。お客様の「こうしたいんだけど、どうしたらいいの?」に親身になってお答えします!

太陽光発電の導入には、毎年その地域ごとに決まった件数の補助金の交付を受け付けています2012年度の補助金受付期間は2012/4/19~2013/3/29です。

補助金申請を受けて太陽光発電工事を導入した場合の例

申請内容と施工条件によっては工事費を半額近くまで抑えることもできます。太陽光発電システムやオール電化・エネファーム等の導入をお考えの際はまず、お住まいの地域の自治体に、太陽光発電工事の補助金はまだ申請できるかどうかを尋ねてみましょう。

安心してお問い合わせください。
お問い合わせください!

Copyright© 2012 - 2017 千代田エネルギー co.LTD. All Rights Reserved.