産業用太陽光発電・メガソーラー-

一般家庭用店舗・事業所用
事業所用太陽光発電工事
業務用太陽光発電
太陽光は尽きる心配がなく、地球のどこにいても恩恵を授かれる素晴らしいエネルギーです。発電する時に二酸化炭素や有害物質の排出がゼロであることから、2011年の大震災以降も今後の展開に非常に期待が高まっているエネルギーの一つです。

国際的にも地球温暖化を防ぐため、温暖化の原因とされている温室効果ガスの排出を抑制していくという流れがあります。日本においても2020年までにCo2排出量を25%削減(1990年比)を目標に掲げており、国全体で取り組んでいる課題です。

企業用太陽光発電 売電シュミレーショングラフ

業務用太陽光発電買電グラフ導入資金を銀行から借り入れを起こす場合は通常7年~20年位で融資を受けます。ですので仮に20年で返済をしたとすると、20年目以降の発電分に関してはほぼ100%の利益として考えることもできます。20年目以降の部分も発電&売電事業として成り立たせるには耐久性、品質性を考慮して良質のシステムを組む必要があります。

nncは25年目以降の長期における売電収益の可能性をご提案できる様、地元気象条件や日射条件を加味してシステム設計致します。
大事なのは新潟県の気象条件と実情を踏まえ設計・施工をすることです。その部分を簡単に考え都心と同じ状況で考えてしまうと、不意の事故故障でせっかくの売電が途中で台無しになる可能性が発生します。この内容でもしっかり設置条件を揃えられれば最初の20年間でも3500万から~4000万円の収入を生み出しますので、必ず裏付のある施工を行える業者に委託しましょう。 (シュミュレーションは税別40円/kw単価の買取価格の場合の例です)

業務用太陽光発電買電グラフ

企業用太陽光発電のメリット1 遊休地や未利用地・デッドスペースの活用

光が当たる場所ならどこでも!広い土地を利用した町工場の屋根や、大きな建物の屋上などは多くの場合、有効にスペースを活用されていないものです。しかし太陽光発電のパネルは日照さえ確保できれば、場所を厭わずどこでも設置可能ですので、建物の屋上や空き地などの有効活用ができます。今まで活用されていなかったスペースを利用して全量買い取り制度による売電収入を得て、安定的な収益を得る事ができます

企業用太陽光発電のメリット2 地球環境の保護

太陽光発電はエコロジー、企業イメージアップ!火力発電は、石油や石炭、天然ガスを燃焼して電気を作るため、発電時に大量の二酸化炭素を排出します。太陽光発電は設置後、発電の為の燃料が必要なく、また二酸化炭素が全く発生しません。化石燃料を燃焼せずCO2排出量を削減できる、まさに企業という組織において地球環境保護へ最大限貢献できる手段の一つなのです。また、太陽電池の利用は企業への好印象効果も見込めます。

企業用太陽光発電のメリット3 遮蔽効果による省エネが可能

遮熱効果で冷房電力削減ソーラーパネルの導入は、発電・CO2削減のほか、遮熱性を高めるという特徴もあります。ソーラーパネルをを屋上や外壁に設置することにより直射日光を遮り、屋内に熱が篭りにくくなり、結果的に空調負荷の軽減につながるため、省エネ効果が期待できます。また、近年は壁面やガラス面に設置する場合、半透明~透明のパネルも開発されていますので、建物の中に届く明るさを損なうことなく、大面積で太陽光発電を利用することができます。

家電のプロ・nncにお任せ!

店舗・事業所に見合う設置方法を選びましょう

屋上設置型 屋上への設置 
ビル・マンションの屋上などの背の高い施設に用いられている発電方法です。周囲の高い建物との位置関係上、日照時間が多く確保できそうならばお勧めです。特に屋上に何か重要な設備がない場合は、有効にスペースを活用できます。ある程度高さがある場合は、方角の心配もいらず、比較的導入が容易です。


広範囲平地設置型 広範囲平地への設置 
土地の面積がとにかく広く、特に高低差の少ない平らな更地である場合、また、周囲に影になる高い建物がない場合におすすめです。太陽光パネルは面積によって使うパネルの枚数を自由に増やしたり減らしたりできることが利点です。大容量の発電機構を導入したい、エコ志向の事業主さんにおすすめです。


屋根設置型 屋根への設置 
一般家庭における太陽光発電に最も多くみられる例と同じ設置方法です。大きな平屋で周囲に影になる背の高い建物がない場合におすすめです。こちらは設置の方向はおよそ90パーセントの発電力を持つ真南向きが理想ですが、西・東においても76パーセントと高い割合で発電できますので、屋根全面に導入する事業主さんも多いです。


壁面設置型 壁面への設置 
設置予定の広い壁面が真南向きである場合におすすめです。クリアタイプのパネルを用いることで、建物内の光を遮らない適度の明るさに保てるほか、夏場の直射日光を防ぎ、エアコンの使用を抑えられて省エネです。また、周囲に太陽光発電を推進している、地球にやさしい企業であることを大々的にアピールできます。

新潟で太陽光発電が進まないワケ。

新潟の太陽光発電お気づきの方も多いと思いますが、県外に出るとそこら中の屋根にやたら太陽光パネルが多いのです。でもなぜか新潟ではそんなに多く見かけない。と思っていませんか?

実は、新潟は日本有数の積雪地域であるために各太陽光メーカーからは雪害の危険を指摘され、あまり開拓が進んでいかない現状があります。
雪害、これは確かにリスクと言われればリスクです。ですが、現在太陽光パネルは良品も出てきて、実際2m以上の雪に耐えうるといわれるものさえあります。そして、雪が掛かると発電しないと言われれば、雪が積もらない様に角度設計してこれを回避する方法を知っている人にとっては容易いことです。さらに、日射量が少ないという指摘もありますが、実発電量の実績では東京周辺より5%ほど落ちるだけというデータがあります

このことから、新潟の人々に理解して導入していただくにはしっかり雪国新潟の知識を備えた人間でなければ進めにくかったのです。特に新潟市は日本の離れ小島です。広い越後平野に遮られ、なかなか新しい技術や話しが入って来づらい地域なのです。
だからと言って、新潟の人々がチャンスに気づかないでいるのは同じ新潟県民として悔しいです!弊社があなたと一緒にこの道を切り開くお手伝いをさせていただきます

お見積り・ご相談は無料で承っております!

㈱千代田エネルギーは、太陽光発電・オール電化住宅の推進工事店です!
「導入してよかった!」と喜んで頂ける施工を心掛けておりますので、お客様とのご相談・お見積りは特に綿密に行います。目的の不透明な工事・お客様に納得して頂かないうちの施工はいたしません。お問い合わせの際は、設置予定場所の面積、周囲の環境、発電量の目標、太陽光発電を導入する目的など、まずは事業主様のご意志をきちんとヒアリングさせていただきます!
まずは1本、お電話ください。資料請求、ご質問も年中無休で受け付けております。

安心してお問い合わせください。
お問い合わせください!

Copyright© 2012 - 2017 千代田エネルギー co.LTD. All Rights Reserved.